コラーゲン注射やボトックス注射

コラーゲン注射やボトックス注射

「たるみ治療はしたいけど抵抗があります。

」と思っている人は多いでしょう。

私もそのなかの一人です。

出来ればしてみたいけど、価格や痛み後遺症、顔の表情が作れなくなるのではとか思う事はたくさんあります。

フェイスリフトはエイジングケア手術の中でも最も実績の長い手術の手法だそうです。

5~10歳若返り、自然な状態に仕上げてくれるそうで、傷跡は目立たないように髪の毛で隠れる部分で縫合します。

顎のラインはシャープになり流れ毛穴も目立ちにくくなり、化粧ノリもよくなります。

美容整形で出来るエイジングケアにはフェイスリフトの他にもコラーゲン注射や、ボトックス注射なども知られていますが、自分自身にあったエイジングケアを医師と相談しながら決めるのもいいかもしれないですよね。

注射ならこの手術より低価格になります。

ですが目立って変化するわけではなく自然と徐々に変わってくるので、目に見えて変化を感じたいと言う人は注射は物足りないかもしれないですね。

日帰りフェイスリフト手術

フェイスリフト手術の実績があり、人気のある美容整形外科では、入通院、包帯不要、しかも術後腫れがないそうです。

まず切開は、傷口が目立たないように耳の付け根のぎりぎりの所にメスを入れます。

だぶついた脂肪層を整え、次に表情筋膜を引き上げ余分な皮膚を切りとります。

その後緩んだリガメント(靭帯)をいったん切り離し、引き上げて正常な位置に固定します。

皮膚だけを引き上げる方法に比べ皮膚の深層部まで一気に引き上げるので、腫れも少なくて済むそうです。

切開した部分も耳の軟骨のラインにあわせますので、傷口は日が経つと目立たなくなるようです。

この方法とは別の施術方法で傷口が、頭部で髪の毛で隠れるようにフェイスリフトする方法もありますので、そこは医師との相談で決めるのが良さそうです。

こちらの医院でのフェイスリフト手術の料金は100万円前後だそうですが、夏のお得なキャンペーンもしているようなので、ホームページは確認して行ったほうがよさそうです。

2種類のフェイスリフト手術

フェイスリフト手術には2種類あり、返しが付いた糸をたるみの部分に埋め込み皮膚を引き上げる方法と、耳の目立たない部分を切開して、皮膚の深層部の筋肉や靭帯も引き上げる方法です。

この返しの付いた糸で引き上げる方法は皮膚の表面だけを引き上げるので、効果が出ない人や、持続しないなどの不満も多いそうです。

しかし、傷口はほとんどわからない状態になりますのでこちらの方法を選ばれる方が多いそうです。

この手法でも医師の経験や症例数の違いで効果は大きく違ってくるようです。

フェイスリフトの症例数を数多くこなしている医師はこの皮膚の深層部分の筋肉や靭帯を切開して引き上げる方法を勧める人も多く、この手法でしたら、腫れも少なく効果が見てすぐわかります。

このどちらのフェイスリフト手術は、たるみの多い人ほど効果に実感できると思いますが、あまりたるみなどのないかたは実感できない人もいるようです。

そのような人はボトックス注射やコラーゲン注射などをしてもいいかもしれないですね。